椎名 純平

ディアンジェロやテディ・ライリー、エリカ・バドゥのようなR&Bやヒップホップ、そのサンプリング・ソースから過去の音楽を掘り下げていく中でマーヴィン・ゲイやロイ・エアーズなどと出会い、生音のファンクを感じさせる音楽に方向性が定まった。
実妹の椎名林檎とはデュエットで共演することもあり、2002年発売のカバーアルバム『discover』に収録されている『Where Is The Love』をデュエットし、また同日に発売された林檎のカバーアルバム『唄ひ手冥利〜其ノ壱〜』でも『玉葱のハッピーソング』をデュエットした。また、2007年に公開された映画『さくらん』のエンディングテーマ『この世の限り』でもデュエットを行っている。
LINEで送る
Pocket