Adagio


ピアノ 古川ミホ
ベース 宮原朝哉
ドラム 江頭修司
によるトリオ。ベース、ドラムは経験豊富なジャズマン。
一方、ピアノはクラシック、ポップスメインのピア二スト。
ジャズという新境地にソーっと足を踏み入れるきっかけが今回のジャズフェスとなります。
スタンダード中心に繰り広げ緩やかに成長していけるようAdagioとネーミング。
これからよろしくお願いいたします。

 

ドラム 江頭修司
佐賀出身。
大学時代にラテンパーカッションに傾倒し二度にわたりキューバへ。
現地のプロミュージシャンより指導を受ける。
現在パーカッション、ドラム奏者として県内外の様々なミュージシャンと共演。
ジャズ、ソウル、ポップスなどの演奏のほか、ワークショップ講師など
活動は多岐にわたる。
佐賀県打楽器協会会員。
BASS 宮原朝哉(みやはらともや)
鹿児島県出身、福岡県在住
佐賀市で訪問介護の仕事をおこなう傍ら、年間100本程の演奏活動も行なっている。
32歳からJAZZ BASSを始め、2年間丹羽肇氏に師事。
奇をてらわず、愚直にルート音から刻んでいくプレイスタイルで、他のパートを支える。
ガット弦を張った深胴のJOHANNES RUBNERから響く、暖かく心地良い音色を聴いてみて下さい。
ピアノ 古川ミホ
佐賀出身
クラシック畑でピアノを学ぶ。
バレリーナかピアニストで悩み音大進学後、ピア二ストとなる。
現在、年間150本以上の演奏をしながら後進の指導にもあたる。
癒しと優しさ、希望を与えるピアニストとして評価されている。
LINEで送る
Pocket