akiko×小島良喜


akiko×小島良喜

akiko
2001 年、名門ジャズレーベル「ヴァーヴ」初の日本人女性シンガーとしてデビュー。既存のジャズの枠に捕われない幅広い音楽活動で人気を博す。現在までにライブ盤、ベスト盤含め、22枚のアルバムをリリース。
2016年6月22日 15周年記念アルバムを発売。
akiko 15th Anniversary Best Album “Elemental Harmony” Release!!!
15周年の作品は新たなミュージック・セラピーの提唱。
akiko自身も数年前より勉強を続けている「アーユルヴェーダ」の概念を取り入れ、これまで発表された数多くの楽曲を[土・水・火・風・空]の5つのエレメント別に分類。
心身の調律と浄化および鎮静とエンパワーを目指します。
スタンダード・ジャズからロックやクラブ・ミュージック、古きよきスウィングからしっとり聴かせるオリジナルのバラードまで、ファンの間でも人気の高い楽曲を多数収録。akikoの全てを身体で感じる作品に。
akiko 全面面プロデュースによるガールズ・デュオ「Chai—-Chee Sisters」も、同日 akiko自自身身のデビュー作と同タイトルを冠したデビュー・アルバム『GIRL TALK』リリース。
これまでに「ジャズ・ディスク大賞」や「Billboard Japan Music Award」を始め、数々のミュージックアワードを受賞。2003 年にはエスティー・ローダーより日本人女性に送られる美の賞「ディファイニング・ビューティー・アワード」を授与される。
またシンガーとしてだけではなく、ソングライティングやアレンジ、ジャケットのデザインも含めたアートディレクションに至るまでセルフ・プロデュースをもこなし、コンピレーションCD の選曲や他アーティストのプロデュース、執筆なども手がける。
アパレル・ブランドとのコラボレーションで帽子やワンピースなどのアイテムを展開するなどファション方面でも活躍。また定期的に声を使ったボイス・ワークショップや、子供のためのジャズ・ワークショプを開催している。
更に英国アーユルヴェーダカレッジ日本付属校認定アーユルヴェーダライフスタイリスト、日本ナチュラルヒーリングセンター認定アーユルヴェーダ・ホームケアドクター及びライフコンサルタントの資格を取得し、2013 年からは不定期でアーユルヴェーダのワークショップやスリランカでのリトリートツアーなども開催している。
音楽性やファッション性のみならず、そのライフ・スタイルにも多くの支持が集まる。
http://akiko-jazz.com/
http://blogs.elle.co.jp/akiko/

小島良喜
17歳の頃から関西エリアを中心に、スターキングデリシャス、桑名正博、Baker’s-Shop、塩次伸二などのサポート・ミュージシャンとして活動を始める。オリジナリティ溢れる躍動感と静寂感、そしてその優美な音色は当時からミュージシャンの間で高く評価されていた。
1994年後半から、ニューオリンズに拠点を置き数々のセッションに参加、ジェフ・バクスター、ゴードン・エドワーズ、ワイルド・マグノリアス、デイビッド・T・ウォーカー等多くのミュージシャンと交流を持ち、ステージを共にした。ニューオリンズを拠点にした延べ4年に渡る音楽経験が小島の現在の音楽スタイルの基礎になっていると言えるかもしれない。
その後、前田亘輝(TUBE)「Loose」、近藤房之助「The Place-Take Me Back To The Blues-」等のスタジオ・セッション、稲葉浩志のライブ・ツアー「LIVE 2004 ~en~」等に参加。  1999年、日野皓正グループのレギュラーメンバーでベーシストの金澤英明、日野皓正、布袋寅泰、今井美樹、Fried Prodeのサポートに参加するなどの俊英ドラマー鶴谷智生と“コジカナツル”を結成。現在までに3枚のオリジナルCDをリリースしている。
http://zazzy.jp/f7/yoshinobu_kojima.html

LINEで送る
Pocket