E.T.&Y.H.

藤山E.T.英一郎
(ドラムス、パーカッション) Eiichiro Tohyama
1967年、熊本県生まれ。1980年よりドラムを始め、1986年上京。世界的ドラマー故日野元彦氏の一番弟子となる。
1988年より、東京のライブハウスを中心に、植松孝夫(ts) 峰幸介(ts)本田竹広(p) 大野雄二(p)岡淳(ts) 原朋之(tp) 椎名豊(p)
山本剛(p) 辛島文雄(p) 大口純一郎(p)等、日本を代表するトップミュージシャンのグループでプロとしての活動をスタート。国内外のビッグアーティストと多数共演し活躍する中、92年に出逢った西アフリカセネガルの世界的サバール(打楽器)
奏者 Doudou Ndiaye Rose 氏の音楽に感銘を受け、アフリカ音楽に傾倒していく。1994年に渡米し、N.Y.で過ごす。
帰国後1998年にセネガルのミュージシャン等と共に、自己のパーカッショングループ『BIGNOISE ONE』を結成。
2001年~日野皓正クインテットAlbum「Here We GoAgain』に参加。07 年、オルガンユニット『FANAWANA 』で、オリジナルを中心としたAlbum 『NATURAL STONE 』をリリース。海外では、New York, 西アフリカSenegal、フィリピン、韓国、エジプトなどでも公演する。現在は、主に自己のE.T.セッションや、 アーティストのサポート等、九州を拠点に国内外で活動中。2018年、CD『E.T..session vol:1』をリリース。また、ドラムワークショップ、リズムワークショップなど、後進の育成、指導にも力を入れている。
【その他共演者】RON CARTER (b) ROLAND HANNA (p) HANK JONES (p) MAL WALDRON (p) GIL COGGINS (p) JONE HICKS (p) CYRUS CHESTNUT (p)JOE HENDERSON (ts) Willie Williams (ts) RILY BANDY (as) ED CHERRY (g) Gregoire Maret (hrm)Francis Mbappe (b) Christian Tamburr (vib) Dominick Farinacci (tp) Grady Tate (vo) Cleve Dauglass (vo)Michell Rounds (vo) Kenny Washington(vo) チャリート(vo) AKIKO(vo)シャンティー(vo)アンリ菅野(vo)弘田三枝子(vo)伊藤君子(vo)マリーン(vo) 中本マリ(vo)辺見マリ(vo)ケイコ・リー(vo)加山雄三(vo)西城秀樹 .etc.

 

平手裕紀

(p,org)
1994年愛知県生まれ。幼少よりピアノに慣れ親しみ、小学生からトランペットを始める。
全日本吹奏楽コンクール全国大会常勝校である愛工大名電高校で3年間トランペットを務め、名古屋音楽大学をジャズピアノで専攻し首席で卒業。2015年からCUG Jazz Orchestraに参加。ジャズピアノを水野修平氏、後藤浩二氏に、トランペットを藤島謙治氏に師事。2016年東海ビッグバンドコンテストにて最優秀ソリスト賞を受賞。2018年、アメリカワシントン州シアトルにてマルチプレイヤーのジェイトーマス氏とレコーディング、アルバム「The Promise Jay Thomas and Micheal Van Bebber Quintet Introducing Yuki Hirate」をリリース。

LINEで送る
Pocket