Satoru NEO Quartet


Satoru NEO Quartet

メンバー全員が福岡在住で、各々共演の機会はあったが、2016年2月17日の博多法人会主催のチャリティコンサート『JAZZ NIGHT in KATASU』を機に、「NEO Quartet」として現在のメンバーでの活動を正式にスタート。
2017年よりバンド名を「Satoru NEO Quartet」として活動。
Contemporary Jazzをベースとしたオリジナル曲主体で演奏活動をしている。
これまで、「NAKASU Jazz 2017」(2017年9月8-9日)、「SAGA 城下Jazz Festival 2017」(2017年2月18日)、「NAKASU Jazz 2016」(2016年9月9-10日)、「NAKASU Jazz 2017」(2017年9月8-9日)、等のジャズフェスティバルに出演。
自主企画で年2回のペースで九州Tourを実施しているほか、Live Houseでの個別の演奏活動やメンバーによるサポート演奏等は多岐に亘る。
2016年10月7日23時15分~KBCテレビで放映された 「Rz EVERLASTING presents はじめてのスウィング~まじめ中年、ジャズに酔う~」の番組内で、バンドが紹介されたほか、中洲ジャズ当日の演奏が放映される。

内山 覚(うちやま さとる)(gt)
1966年福岡市生まれ、福岡市在住
高校卒業後、武蔵野音楽学院 入学/ジャズギター専攻、同校卒業後、88年渡米/バークリー音楽学院に留学 、91年同校卒業、帰国。帰国後、福岡を拠点としてJAZZギターリストとして活動を開始。
YAMAHAやFCAなどで後進の指導にもあたる。
2001年〜毎年年末、年始かけNYに滞在し、勉強&演奏活動を行う。
Peter Bernstein/Paul Bolenbackに師事。
NY在住のミュージシャン達とNYレコーディングで現在までに、3枚のアルバムをAlmost Blue Recordsより発表している。 「Soul Eyes」(2005)「on the morningside」(2008)
「NEO melodies in the key of creation」(2012) 参加ミュージシャン野瀬栄進(p)、David Ambrosio(b)、タケ鳥山、Eliot Zigmund(ds)、James Cammack(b)、武石聡(ds)、中村健吾(b)
近年は「中洲JAZZ」を始め多くのJAZZフェス、チャリティーコンサートに参加、藤原清登(b)とのDUO「王子のギター・帝王のベース」で九州をツアー、村井秀清(p)とのDUO「ぶらり二人旅」九州&東北をツアーと九州内外のミュージシャンと精力的に活動中。
http://satoru629mao.web.fc2.com

橋本 芳(はしもと かおる)(p)
鹿児島大学博士(学術)ジャズピアノを野瀬栄進(NY在住)、シンセサイザーを植原健司に師事。「Nakasu Jazz 2017」、「Nakasu Jazz 2016」、「佐世保JAZZ 2012 at アルカスSASEBO」など九州の代表的なJazz Festivalへの出演のほか、ライブハウス等への出演は多数。2016年1月の嬉野市制10周年記念式典にて、Cana from Sotte Bosseの楽曲のオールアレンジメント担当。2017年9月に1st album”GENESIS”をリリース。嬉野市曲「ふるさとの空よ」二声合唱編曲担当など、作曲・編曲活動も精力的に行っている。
共演/稲垣潤一(vo)、中西圭三(vo)、マリーン(vo)、生沢佑一(vo)、大森洋平(vo)、田中拡邦(vo)、Lew Tabackin(ts)、Andy Snitzer (ts)、福村博(tb)、荻原亮(gt)、坂本竜太(ba)、コモブチキイチロウ(Ba)、島祐介(tp)、西岡ヒデロー(per)等

HOME

桑名 英剛 (くわな ひでたか)(b)
1976年福岡県飯塚市生まれ。
15歳の頃、ロカビリーにのめり込むと同時にウッドベースのスラップ奏法に衝撃を受けウッドベースを始める。
後にミルト・ヒントン、レイブラウンのプレイスタイルに影響を受けジャズを学び始める。
コントラバスを杉上淳子氏、丹羽肇氏に師事。現在は自己のユニットをはじめ、内山覚NEOカルテット、アコーディオン奏者新井武人氏率いるRue de valse、ドラマー梶浦雅弘氏のThe One Nightsなどで活動中。
中洲ジャズ、佐賀ミュージックフェスティバル、渡辺圭一氏主催のBassic Rock Festivalなどジャンルを問わず様々なイベントにも出演している。

尾崎賢伍(おざき けんご)(ds)
1986年宮崎生まれ
12歳の頃に兄の影響でドラムを独学で始め、18歳で音楽を学ぶため福岡へ。18歳から21歳まで音楽の専門学校にてドラマーとしての基礎知識を学び、23歳からカワイ音楽教室で講師を務める。
現在は、ライブ活動、イベントプロデュースも行う。

LINEで送る
Pocket